スタッフ紹介

萩原 和浩

萩原 和浩

年齢
57歳
出身
東京都練馬区
資格
東洋カイロプラクティック師協会会員 疲労回復協会認定会員 DRTベーシックインストラクター
趣味
DVD鑑賞
家族
妻・犬(パピヨン メス)・鳥(セキセイインコ オス)

なぜ整体師になったのですか?

なぜ整体師になったのですか?

長年腰痛で苦しみましたので、同じように腰痛で苦しむ方を救いたい、腰痛や坐骨神経痛で悩む方を少しでも減らしたいと思いこの世界に飛び込みました。

会社員時代、まだ24歳でしたが、けっこう重い段ボールの箱を運ぶ仕事があって、そんなのが重なってギックリ腰を起こしてしまいました。

そこから腰痛を繰り返すようになりました。

酷い時はずっと立っていられなく、駅のホームでも電車が入ってくるまでの間、ウロウロ歩き回っていました。

子供を抱っこして買い物に行くときの辛さは今でも覚えていますし、ディズニーランドで順番待ちの時の腰の痛みもきつかったです。

整形外科や鍼灸院にも通いましたが、ある整体院でかなり改善しました。こんな手法もあるんだとビックリしました。

もう40近い年齢でしたがこの整体を学んで腰痛・坐骨神経痛で苦しむ方の役に立ちたいと整体師になりました。

 

 

どんな想いで治療にあたっていますか?

どんな想いで治療にあたっていますか?

どこが痛くても辛いとは思いますが、腰は体の要の部分、日常的に痛いと何をやるにも差しさわりがありますし、生活の質も落ちます。

実際仕事を休んでる方もいらっしゃいますし、辞めてしまった方もいらっしゃいます。

旅行をあきらめた方、スポーツを中止している方、好きな趣味に通えなくなった方、など挙げればきりがありません。

痛みをなくしてやりたいことを思う存分やれる体を取り戻してもらいたい、そんな気持ちで日々の施術にあたっています。

 

今後どんな治療家になっていきたいですか?

今後どんな治療家になっていきたいですか?

日本人は今後増々寿命が延びて、人生100年時代になっていくようです。

ただ平均寿命と健康寿命の乖離がでてきて、本当に健康のまま寿命を全うできる方は少ないのが現実です。

もちろん痴ほう症や内臓疾患などの問題もありますが、足腰の問題が大きくてそこから寝たきりや運動不足から健康問題に発展していきます。

でも年を取ってからの話でなく、若いうちから腰や膝に痛みがあったり、脚やおしりにシビレを感じている方の実に多いこと。

痛みを出さないだけでなく、いつまでも丈夫な体でいられるような、100年もつ体づくりが出来る整体院をつくっていきたいです。