坐骨神経痛でお尻がしびれる方に

坐骨神経は腰椎と仙椎という腰からお尻にかけての脊髄から出ている神経が束になって、

お尻の梨状筋の下を通り太ももの裏側からふくらはぎ、足裏までつながっている長くて

太い神経です。

そのため痛みやシビレが人によりお尻だったり、太ももの裏であったり、ふくらはぎや

足の先など様々です。

そんな中でお尻のシビレや痛みを訴える方はかなり多いです。

 

今回はお尻のシビレが辛くてという方に簡単に出来る軽減方法をお伝えしたいと思います。

臀部のシビレ

お尻がしびれる方に、簡単マッサージで軽減する方法

腰方形筋に手の甲を当てる

お尻がしびれる方は、お尻に問題があるというより、

腰の筋肉に問題がある場合が多いです。

特に腰の奥の方にある腰方形筋という筋肉が硬くなっ

ていることが多いので、この筋肉を緩めます。

腰方形筋の部分に手の甲を当てます。

ちょうど腰骨の左右と思ってください。

軽く握る

手の握り方は、あまりガッチリ握ると尖って痛いの

で、軽く山が出来るぐらいにしておいた方がいいで

しょう。

それであまり刺激が来ないようなら、少し角をきつ

くして下さい。

そしてそのまま仰向けに寝て、膝を曲げて左右に倒

します。

腰方形筋のセルフマッサージ

一番効くな~というところで止めて、深呼吸を3回ほ

どして下さい。

腰の筋肉が緩んできて、握りこぶしが腰方形筋に届く

ようになります。

お尻がシビレる感じが再現されるかもしれません。

それこそ腰方形筋がお尻のシビレに関係しているとい

う事になります。

このセルフマッサージをすることで、かなり楽になると思います。