変形性腰椎症

なぜ、なかなか回復しない変形性腰椎症の痛みが当院の施術で改善に向かうのか?

なぜ、なかなか回復しない変形性腰椎症の痛みが当院の施術で改善に向かうのか?

あなたは、こんな不安やお悩みをお持ちではありませんか?

  • 朝起きるときに腰が痛い
  • 長く座っていると腰からお尻にかけて痛みだす
  • 薬やシップでなかなか改善しない
  • 前は腰痛だけだったのに、最近下肢にシビレが出てきて不安だ

辛いですね、特に朝から痛みがあると憂鬱になります。

変形性腰椎症は、ひどくなると腰部脊柱管狭窄症になる可能性がありますので、今のうちに改善しましょう。

変形性腰椎症とは

椎間孔が正常な状態

変形性腰椎症は、加齢に伴い椎間板の厚みが減り、椎間板に接した椎体が骨硬化し前後に骨棘が出来ます。また後方にある左右の椎間関節も傷んできます。

椎間関節は関節を構成する上位椎骨の下関節突起と、下位椎骨の上関節突起とで形成されます。すると椎体、椎間板、椎間関節の間に楕円形の穴が出来ます。これが椎間孔です。

下矢印
椎間孔が狭い状態

この椎間孔が様々な原因で狭くなり、椎間孔を通る神経が圧迫され、支配する筋肉に痛みやシビレを引き起こしたりする場合もあります。

状態が進んで脊柱管が狭くなると、お尻や下肢にシビレが出たり、間欠跛行の起こる腰部脊椎管狭窄症に移行します。

変形性腰椎症の原因

  • 加齢に伴う椎間板の変性
  • 重労働
  • 姿勢問題
  • 事故やケガ
  • 遺伝

変形性腰椎症の対処法

  • 安静
  • 薬物治療(消炎鎮痛剤、筋弛緩薬)
  • 温熱療法
  • 牽引
  • ブロック注射

などがありますが、あまり変化のない方もいらっしゃいます。

なぜ、あまり改善しないのでしょうか?

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れ

   

 身体の疲労

   

 内臓の疲労

   

 身体の歪み

   

体液の循環が悪くなる

   

コリや痛み、シビレの症状が発症

日常の様々な疲労の積み重ね内臓にも疲労物質が蓄積し、内臓の位置異常が起こります。内臓の働きが鈍ってきますので、内臓体性反射で少しでも内臓の働きを守るため身体が歪みます。お腹や胃が痛い時身体を丸めると楽になりますが、それが身体の中で勝手に行われています。

 

ヒトは疲れると自然と前かがみになりますが、首に負担がかって自律神経のバランスが崩れます。ここでも自律神経で動いている内臓に負荷がかかり身体が歪みます

 

身体の歪みから血液をはじめとする体液の流れが悪くなり酸欠状態になります。すると痛みやシビレの元となる発痛物質が生み出されます。

 

ですから腰痛・坐骨神経痛の原因全身の身体の歪みにあります。

 

もっと言えば内臓疲労が大元にあります。

 

そして当院の整体はこの全身の身体の歪み内臓疲労を取り去る手技になります。

腰痛・坐骨神経痛を引き起こす3つの原因

自律神経からの問題

日常生活の様々な疲労により、自律神経が乱れ内臓疲労が蓄積し、身体の歪みや不調が発生します

改善  頸椎のバランスを整えていきます

 

重力負荷の問題

全身を支える筋肉の疲労により、重力の負荷に耐えられず、さらに身体の歪みが強くなります

改善  重力負荷が一番かかる足や手に施術を行います

患部の問題

血液の循環が悪くなり、筋肉のコリが強くなり、腰の動きが制限された状態が慢性化してきます

改善  患部に直接施術を行います

運動療法について

身体の歪みで腰に負担がかかり、それが継続することで痛みやシビレが発生します。

腰に歪みが生じ固定化することで、関節(腰椎)を支える筋肉のうち、弱化してしまう筋と逆に荷重に負担がかかり過緊張になる筋肉に分かれます。

腰の関節をしっかり固定出来なくなり、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、すべり症などを引き起こします。

腰椎を支えている弱化した筋肉を検査で見つけて、運動療法を行うことで筋力を復活させていきます。

 

腰の関節を支えられなくなった状態

腰の関節をしっかり支えられなくなった状態

下矢印
腰の関節をしっかり支えられている状態

腰の関節をしっかり支えられるようになると腰痛も坐骨神経痛も改善します。

元気

当院ではこれらの原因を徹底的に改善します!

ホームページ限定 初回割引キャンペーン!

ご予約・お問い合わせはこちらまで