産後の腰痛

あなたは、こんな不安やお悩みをお持ちではありませんか?

  • 妊娠前から腰痛はあったが、産後酷くなった
  • 抱っこすることが多く、いつも腰がだるくて重い
  • 赤ちゃんを抱っこしたまま立ち上がると、腰や膝が痛い
  • 骨盤ベルトをしないと身体がグラグラする
  • 出産後下半身の冷えが辛い
  • 妊娠前のズボンが入らない

妊娠中は様々なホルモンが働いて、出産の準備をします。

ゴナドトロピン

エストロゲン

プロゲステロン

リラキシン

オキシトシン 等々

 

特に妊娠後期に分泌されるリラキシンは、全身の関節や靭帯を緩める働きがあり、赤ちゃんが出産時に骨盤を通過しやすいように働きます。

しかしリラキシンの分泌で緩んだ仙腸関節や恥骨結合はすぐには戻らず、産後数か月から半年くらいは骨盤だけでなく、全身の関節が緩んでる状態が続いてしまいます。

 

骨盤内(産道)を赤ちゃんが通り抜けるわけですから、当然骨盤に負担がかかります。

さらにリラキシンの影響で、骨盤や全身が緩んでる状態で、赤ちゃんを抱っこし続けたり、ミルクを飲ませる体勢、入浴のための中腰姿勢などで、歪みが発生します。

積み重なる歪みで腰痛や下半身の冷え、ひざ痛、ポッコリお腹など身体の不調が起こります。

 

 

当院の考える産後の腰痛

もちろんホルモンの影響や緩んだ骨盤への負担はありますが、今までとは違った生活環境、赤ちゃんの世話をする姿勢、睡眠不足、ストレスなどママさんの身体の疲労は限りないです。

その疲労が蓄積して前傾姿勢をつくり、首や足首に負担をかけ、さらに骨盤に影響を与えていると考えます。

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れ

   

 身体の疲労

   

 内臓の疲労

   

 身体の歪み

   

体液の循環が悪くなる

   

コリや痛み、シビレの症状が発症

日常の様々な疲労の積み重ね内臓にも疲労物質が蓄積し、内臓の位置異常が起こります。内臓の働きが鈍ってきますので、内臓体性反射で少しでも内臓の働きを守るため身体が歪みます。お腹や胃が痛い時身体を丸めると楽になりますが、それが身体の中で勝手に行われています。

 

ヒトは疲れると自然と前かがみになりますが、首に負担がかって自律神経のバランスが崩れます。ここでも自律神経で動いている内臓に負荷がかかり身体が歪みます

 

身体の歪みから血液をはじめとする体液の流れが悪くなり酸欠状態になります。すると痛みやシビレの元となる発痛物質が生み出されます。

 

ですから腰痛・坐骨神経痛の原因全身の身体の歪みにあります。

 

もっと言えば内臓疲労が大元にあります。

 

そして当院の整体はこの全身の身体の歪み内臓疲労を取り去る手技になります。

腰痛・坐骨神経痛を引き起こす3つの原因

自律神経からの問題

日常生活の様々な疲労により、自律神経が乱れ内臓疲労が蓄積し、身体の歪みや不調が発生します

改善  頸椎のバランスを整えていきます

 

重力負荷の問題

全身を支える筋肉の疲労により、重力の負荷に耐えられず、さらに身体の歪みが強くなります

改善  重力負荷が一番かかる足や手に施術を行います

患部の問題

血液の循環が悪くなり、筋肉のコリが強くなり、腰の動きが制限された状態が慢性化してきます

改善  患部に直接施術を行います

運動療法について

身体の歪みで腰に負担がかかり、それが継続することで痛みやシビレが発生します。

腰に歪みが生じ固定化することで、関節(腰椎)を支える筋肉のうち、弱化してしまう筋と逆に荷重に負担がかかり過緊張になる筋肉に分かれます。

腰の関節をしっかり固定出来なくなり、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、すべり症などを引き起こします。

腰椎を支えている弱化した筋肉を検査で見つけて、運動療法を行うことで筋力を復活させていきます。

 

腰の関節を支えられなくなった状態

腰の関節をしっかり支えられなくなった状態

下矢印
腰の関節をしっかり支えられている状態

腰の関節をしっかり支えられるようになると腰痛も坐骨神経痛も改善します。

元気

当院ではこれらの原因を徹底的に改善します!

ホームページ限定 初回割引キャンペーン!

ご予約・お問い合わせはこちらまで