脊柱管狭窄症の脚の重さが消えました

お客様写真

3年ほど前から左腰と左のお尻、そして左脚全体の重さが続き、病院で検査を受けると腰部脊柱管狭窄症とのことでした。

約1年間で19本のブロック注射をしましたが、ほとんど痛みは変化しませんでした。

 

友人から聞いた東戸塚の治療院に通って少し良くなりましたが、通院に時間がかかりすぎるので、娘から紹介されたたけのづか療術センターにお世話になることにしました。

 

1回目の治療で40年来の右の肩甲骨の内側の鈍痛が消えて驚きました。

2回目からは左の脚の重さもやわらぎ、6回目の治療で完治しました。

足立区 70代 男性 松永様

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

お尻から太もも痛みと足先までのシビレが気にならなくなりました
首、腰から足裏までの痛みが楽になった
腰部脊椎管狭窄症で歩行困難が解決